セミナー

2014年度~2017年度

ECM Society Seminar

160th
2018年3月5日
Dr. Danny Chan (The University of Hong Kong)
Lgr5 and Col22a1 mark the lineage progression from interzone progenitor cells to articular chondrocytes in synovial joint formation
159th
2017年4月18日
堀 哲也先生(同志社大学生命医科学部)
神経内在分子の過剰発現によるシナプス毒性
158th
2017年4月18日
植木 靖好先生(ミズーリ大学カンザスシティ校)
チェルビズムの病因解析から明らかになった新しい自然炎症と骨破壊のメカニズム
157th
2016年11月29日
堀 哲也先生 (同志社大学生命医科学部)
シナプス前終末の電気生理学
156th
2016年 3月2日
吉岡 秀克先生 (大分大学医学部)
コラーゲンの多様性
155th
2016年11月2日
神村 圭亮先生 (東京都医学総合研究所)
ショウジョウバエのグルタミン酸作動性シナプスにおけるヘパラン硫酸プロテオグリカンの役割
154th
2016年10月26日
渡辺 亮先生 (京都大学iPS細胞研究所)
人工知能とiPS細胞を用いた癌研究
153rd
2016年10月14日
溝口 利英先生(松本歯科大学)
生体内における骨髄間葉系幹細胞の同定と制御機構の解析
宝田 剛志先生(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)
組織機能修復を指向した間葉系幹細胞の細胞生物学的特徴づけ
152nd
2016年6月15日
上野 浩司先生 (川崎医療短期大学臨床検査科)
生後早期のマウス前頭前皮質における神経細胞周囲網の形成
151st
2016年4月13日
Prof. Francesco Ramirez (Mount Sinai Medical School, USA)
Fibrillin assemblies in bone growth and remodeling
150th
2016年3月2日
Dr. Attila Aszodi (University of Munich)
The role of integrin signaling in articular cartilage degeneration and regeneration
149th
2016年1月13日
Dr. Daniela Carulli (University of Turin, Italy)
Dynamics of perineuronal nets in the adult brain.
148th
2016年1月8日
渡辺 亮 先生(京都大学iPS細胞研究所)
冨田 秀太先生 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)
癌と再生医療研究を支える次世代エピゲノム解析
147th
2015年11月13日
武内 恒成 先生(愛知医科大学医学部)
糖鎖発言制御による中枢神経発生と再生−脊髄損傷治療と応用可能性−
146th
2015年10月30日
小田 吉哉 先生(エーザイ)
製薬業界の苦悩と創薬におけるバイオマーカー研究
145th
2015年5月20日
Prof. Francesco Ramirez (Mount Sinai Medical School, USA)
Genetic analysis of cardiovascular abnormalities in Marfan syndrome reveal new therapeutic opportunities
144th
2015年3月16日
Dr. Suneel S. Apte (Cleveland Clinic Foundation, USA)
Extracellular matrix remodeling in mammalian cardiovascular morphogenesis?
143rd
2015年2月17日
Dr. Attila Aszodi (Ludwig-Maximilians-University, Germany)
Dissecting the role of b1 integrin function in cartilage physiology, pathology and regeneration
142nd
2015年2月10日
Dr. Matthias Hofmann (Goethe University Frankfurt, Germany)
Tumour interstitial fluid pressure (TIFP): New insights into measurement & treatment
141st
2015年2月3日
Dr. Chad L. Barber (California Lutheran University, USA)
A Reduced Capacity for B-1 Cell Production in Adult Bone Marrow
140th
2014年11月11日
神村 圭亮 先生(東京都医学総合研究所)
ショウジョウバエを用いたヘパラン硫酸プロテオグリカンの解析
139th
2014年11月4日
南 敬 先生(東京大学先端科学技術研究センター)
血管研究から三大疾患に挑む 〜ダウン症因子・エピゲノム修飾因子に着目して〜
138th
2014年8月19日
村澤 裕介 先生(国立長寿医療センター研究所)
皮膚創傷治癒におけるプロテオグリカン-ヒアルロン酸複合体の役割
137th
2014年7月14日
服部 俊治 先生(ニッピバイオマトリックス研究所)
コラーゲンが教えてくれること 〜マンモスの研究を例にして〜

医学科 生化学 分子医化学 講義

2017年11月8日 神村 圭亮先生(東京都医学総合研究所)
糖鎖シグナルと伝達
佐々木 隆子先生(大分大学)
①細胞外マトリックスI
②細胞外マトリックスⅡ
2017年10月25日 渡辺 亮先生(京都大学iPS細胞研究所)
①エピジェネティクスI
②エピジェネティクスⅡ
2016年11月9日 吉岡 秀克先生(大分大学医学部)
遺伝子発現制御
2016年11月2日 神村 圭亮先生(東京都医学総合研究所)
シグナル伝達と糖鎖
2016年10月26日 渡辺 亮先生(京都大学iPS細胞研究所)
①エピジェネティクスI
②エピジェネティクスⅡ
2015年11月17日 板野 直樹 先生(京都産業大学総合生命科学部)
①発がんのメカニズム
②がん幹細胞
2015年11月13日 武内 恒成 先生(愛知医科大学医学部)
①細胞接着と細胞外気質の分子機構
②神経発生形成と細胞認識の分子機構
2015年10月30日 小田 吉哉 先生(エーザイ)
製薬業界の苦悩とプロテオミクスの基礎
2014年11月14日 板野 直樹 先生(京都産業大学総合生命科学部)
①発がんのメカニズム
②がん幹細胞
2014年11月11日 神村 圭亮 先生(東京都医学総合研究所)
ヘパラン硫酸プロテオグリカンと細胞内情報伝達
2014年11月4日 南 敬 先生(東京大学先端科学技術研究センター)
①エピゲノムと病気
②三大疾患に深く関わる血管の病気

ページの先頭へ